カードローンで即日融資

カードローンに申し込んだ日に融資されたお金を借りることを「即日融資」といいます。

即日融資は急ぎで今日中にお金が必要になったという方にとって大変嬉しいサービスです。

ただし、カードローンで即日融資を可能にするには、手続きを素早く完了させる必要があります。

ここではカードローンで即日融資を受けるための「条件と注意点」について解説していきます。

 

カードローンの即日融資方法は2つある!

カードローンで即日融資を受ける方法は主に2つの方法があります。

1つ目はネットで申し込みを行ない「口座に振り込んで融資してもらう方法」です。

今やローンはパソコンや携帯電話、スマホを使いインターネット経由で申込みすることが出来ます。

申込情報が即座に相手側に届きますので、従来の方法よりも圧倒的に時間を短縮して手続きすることが可能となりました。

申し込んだ当日はローンカードが手元にありませんので、この場合は自分の口座に振り込みしてもらうことになります。

24時間365日申し込みを受け付けていますので、日中は仕事という方でも自宅や会社でいつでも手続きを完了させることが出来ます。

2つ目は「自動契約機で手続きを行ない、ローンカードをその場で発行し即日融資を受ける方法」です。

申し込み自体は上記と同様にインターネット経由で行ないます。

カードローンは自動契約機でも申込みすることは可能ですが、審査結果が分かるまでその場で待機していなければいけません。

慣れない場所で何時間も待つのはなかなか厳しいでしょうから、審査通過後に自動契約機で必要な手続きを行ないます。

全ての手続が完了すると、その場でローンカードが即日で発行されます。

発行されたカードは、自社ATMや提携ATMで今すぐに借入することが出来ます。

ATMは夕方・夜間でも利用可能ですので、必要な時にいつでもお金を引き出し可能です。

多くのカードローン業者やキャッシング会社では、インターネット申し込み&口座振り込みの方法がとられることが多いです。

この方法は自宅にいながら、融資に必要な手続きをすべて完了させることができるので、手間も時間もかかりません。

カードローンで即日融資を受けるの条件は?

カードローンで即日融資を受けるにも、きちんと条件を満たしている必要があります。

カードローン会社ごとに条件は異なりますが、ここでは「即日融資で特に抑えておきたい重要ポイント」を紹介していきます。

まず1つ目に「金融機関の営業時間内であること」です。

今はどの会社でもインターネット経由で申し込みが可能です。

24時間365日いつでも申し込みできるのは本当に便利ですよね。

しかし申し込みは24時間可能でも、「カードローン審査は営業時間内に行なわれる」ということを覚えておいてください。

しかも金融機関は平日のみ営業であることが多いですから、土日祝日は審査が出来ません。

2つ目に「勤務先の会社が営業時間内であること」です。

カードローンの融資審査では、「申し込み者が本当に働いているのか?」を確認するために、勤務先に電話をします。

これを「在籍確認」と言い、在籍確認が取れないとカードローンで即日融資を受けることは出来ません。

在籍確認の電話は本人が出る必要はありません。

職場の人にバレないか心配になるかもしれませんが、カードローン会社もそのあたりはきちんと配慮してくれます。

ですので、カードローン利用がバレることは、ほとんどないと思ってよいです。

大手消費者金融なら「在籍を証明できる書類の提出」でも在籍確認できる場合もあります。

そして3つ目に、「全ての契約手続きを14時までに完了させること」です。

カードローンの即日融資は基本的に口座振り込みとなります。

当然ながら、銀行の営業時間内に振り込みがされなければ、その日に融資は反映されません。

カードローンでの即日融資のタイムリミットはキャッシング会社毎に違いますが、概ね「14時前後」と思ったほうが良いです。

あまりにも時間ギリギリですと即日融資に間に合わない可能性もあるので、時間に余裕を持ってカードローン手続きを進めましょう。

「条件」は何も即日融資だけではありません。

そもそも融資を受けるための条件を満たしていなければカードローンでお金を借りること自体ができません。

ですので、「自分の今の状況でも融資が受けられるかどうか?」を申し込み前に確認しましょう。

融資条件や審査基準もカードローン会社によって違いますが、「安定収入があること、勤続年数が1年以上あること、事故情報がないこと」の以上の3つは最低でもクリアしていないと融資を受けることは出来ません。

「収入は毎月滞りなくあるか」「月ごとに収入金額が上下していないか」…この2点をクリアしていないと「収入が安定している」とはカードローンの審査では見なされません。

収入金額はそこまで多くなくても問題ありません。

「勤続年数」もカードローン審査では重要となります。

1年未満の方ですと、カードローンでの審査通過はかなり厳しくなります。

仕事を辞める可能性もありますので、最低でも1年以上の勤務実績が必要となります。

最後に「事故情報」がないかどうか。

ローンやクレジットを利用している方は、返済を遅滞していないか確認しましょう。

返済を遅滞すると信用情報に事故情報として記録が残ります。

事故情報がある人には、カードローン業者は基本的に融資しませんのでの、注意してください。

振込がムリなら「自動契約機」で即日融資

即日融資に対応した金融機関は多いですが、基本的に「口座振り込み」となるので「時間制限が非常に短いのが難点」です。

平日でしかも15時までとなると、日中仕事をされている方は条件的にかなり厳しいといえるでしょう。

しかもスケジュール通りにカードローン手続きが進むとは限らず、混雑していればその日に審査完了が間に合わない可能性も考えられます。

仮に朝イチバンでカードローンに申込みしても、「結局、即日融資に間に合わなかった」という経験をされた方も少なくありません。

どうしても15時までに契約完了が間に合わないようであれば、「ローンカード発行」による即日融資方法に切り替えましょう。

「ローンカードは郵送だから間に合わないのでは?」

この様に思うかもしれませんが、「自動契約機」ならその場で発行してくれますので、問題ありません。

即日振込手続きが間に合わなくても、自動契約機を使えば契約手続きを行なうことが可能です。

無人契約機では、その日のうちに契約が完了すれば、キャッシュカード発行可能です。

自動契約機の営業時間は、おおよそ「夜の22時前後まで」ですから、かなり時間に余裕があります。

もしカードローンで即日融資を希望するのであれば、申込先の金融機関は自動契約機があるところを選ぶのが無難です。

と言うのも「口座振り込みは15時までに契約を完了」させなければいけず、間に合わない可能性が高いからです。

万が一間に合わなくても、自動契約機で手続きすればローンカードを発行して、即日でお金を借りる事が出来ます。

ですから、カードローンで即日融資を希望するなら、自動契約機がある金融機関を選ぶほうが良いでしょう。

そのほうが即日融資の失敗の確率をぐんと下げることが出来ます。

自動契約機は大手消費者金融であればほとんどのところが持っていますので、カードローン申込先は大手消費者金融にある程度絞ったほうが良いでしょう。

最近では大手の銀行でもカードを発行可能な「ローン申込機」を設置しているところもあります。

低金利で借り入れしたい方は、銀行カードローンも検討してみるのも良いかもしれません。

土日にカードローンで即日融資の条件は?

カードローンで即日融資を希望する日が「土曜日や日曜日」など休日の場合でも、実は即日融資は可能です。

一般的な金融機関ですと営業していませんが、大手消費者金融なら問題なく即日融資は可能なのです。

ですから土日でもカードローンで即日融資を受けたい場合は、大手消費者金融を選ぶと良いでしょう。

最近では銀行カードローンでも土日に即日融資可能なところが出てきています。

ただし、それもほんの一部の銀行カードローンのみですから、やはり大手消費者金融を選ぶのが良いです。

カードローンで即日融資は、基本的に自分の銀行口座に振り込みしてもらう形となります。

しかし土日は銀行が休みですので、反映されるのは休み明けとなります。

ですから、通常は土日にカードローンで即日融資は不可となります。

しかし大手消費者金融の場合、自動契約機にてローンカードを発行可能です。

ローンカードは自社ATMや提携ATMで借入が可能な上に、ほぼ24時間何時でも利用可能です。

そのため、土日であってもローンカードさえ発行できれば、即日借入が可能なのです。

消費者金融なら土日でも申し込みから融資まで対応可能なところが多いです。

土日にカードローンで即日融資を希望なら大手消費者金融を中心に選ぶと良いでしょう。

土日だと「在籍確認」が取れないと即日融資は難しい

ここでは、土日にカードローンで即日融資を受けるためのポイントを解説していきます。

これを知らないで申込みしてしまうと、その日に借りれないかもしれませんので、是非ともチェックしておいてください。

まず土日でも在籍確認が取れるかどうかです。

カードローン審査ではかならず在籍確認が行なわれます。

在籍確認できないと申し込み者の返済能力を判断できませんので、どのキャッシング会社でも必須業務となります。

土日休みの会社ですと「電話による在籍確認」が取れません。

その場合は、電話での在籍確認について、カードローン会社に相談してみると良いです。

場合によっては「融資を先に行ない、後日電話による在籍確認」を行なってくれる金融もあります。

大手消費者金融のカードローンなら「在籍証明できる書類」を出せば「在籍確認の電話なし」というところもあります。

「社員証、給与明細書、会社発行の保険証、在籍証明書」などが主に対応しています。

土日に即日融資を希望するのであれば、当然ながら土日でも契約できる金融機関を選ぶ必要があります。

インターネットもしくは店舗で土日に契約できるかどうかかならず確認してから申し込みしましょう。

その他、土日に即日融資を受ける際に「気をつけたいこと」がいくつかあります。

それはATMの利用です。

実はローンカードですと、土日は利用できな提携ATMがあります。

コンビニATMなどが主ですが、この場合は自社ATMを使うことになりますので十分に注意しましょう。

自社ATMは大抵自動契約機と併設していますので、カード発行後に利用すると良いでしょう。

また、土日は提携ATMですと手数料がかかるところが多いです。

自社ATMなら手数料無料で使えます。

土日は平日よりも営業時間が短くなるケースが多いです。

そうなれば当然申し込み締め切り時間も短くなりますので、出来るだけ早くもう塩見手続きをする必要があります。

土日にカードローンで即日融資を受ける場合は営業時間を事前に確認しておくと良いです。

いかがでしたか?

カードローンで即日融資する方法がお分かりいただけたかと思います。

急な出費があっても即日で借りれる方法を知っていれば、もしもの時でも安心ですよね。