カードローンで即日融資

どうしてもお金を借りたい、こんな状況になることは決して珍しくありません。

お金を借りる事情は人それぞれですが、働いて安定した収入がある方は、カードローンやキャッシングでお金を借りるのがオススメです。

必要書類もそこまで多くありませんし、友人や親に借りるよりもスムーズにお金を借りる事ができるでしょう。

では、カードローンできゃするにはどのような条件が必要なのでしょうか?

まず、絶対的に重要なのは「働いていて安定収入があること」です。

収入がなければ返済はできませんし、毎月の収入に波があれば、お金を貸す側としては不安です。

このように、安定収入がなければカードローンできゃすることはむずかしいです。

また、大手カードローンなどは未成年者はお金を借りる事はできません。

基本的にはどの金融業者も「満20歳以上」でなければ審査に通ることはありません。

その他、過去に返済遅延が何度もあったり、現在複数の金融会社から借金があり、返済中なのであれば審査通過はかなり厳しくなるでしょう。

このように、カードローンは非情の便利ですが、審査通過するためにはいくつかの条件があるということはおぼえておいてくださいね。
 

カードローンがムリなら公的窓口も

カードローンははたらいていなければおかねを借りる事はできません。

しかし「リストラされて職を失った」「怪我や病気で働けない」「ハローワークで求職活動しているけど中々見つからない」といった理由で、当面の生活費が工面できない人もいるでしょう。

そんな場合は、真っ先に公的な窓口に相談することをお勧めします。

上記のような状況で、「生き延びるためのお金が必要な方は生活保護受給」を利用するのが1番かと思います。

生活保護は国の財源で本当に生活が苦しい人を支援する制度です。

ネガティブなイメージを持たれる方も多い制度ですが、本当に必要としている人が利用することには何の問題ありません。

生活保護受給の条件は主に4つあります。

1つは援助してくれる身内がいないことです。

生計をともにしている家族がいてその人が働ける状態で収入もあるとなると生活保護は利用不可となります。

2つ目に資産が全く無いことです。

貯金や土地など資産になり得るものを所有している場合、まずそれらを売却してからとなります。

地域によっては車の所有もダメなところもあります。

3つ目に働けない事情がある事です。

病気若しくは怪我で働きたくても働けない人は生活保護を受給可能です。

最後は上記3つの条件を満たしていて最低生活費を月の収入が下回っていることです。

生活保護の相談手続は市町村役場の福祉課等で受付しています。

まずは面談を行ない、それから受給手続きを行ないます。

実際の生活ぶりを確認するためにもケースワーカーが自宅に訪問します。

「生活保護を受給するほど生活費に困っているわけではないけど、一時的にお金が足りなくどうしてもお金を借りたい」という場合は、社会福祉協議会の生活福祉資金を利用すると良いです。

低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯を対象にした貸し付けを行なっており、連帯保証人無しで借りる事が出来ます。

連帯保証人を立てた場合は利息無しで借りることも可能です。

受付窓口は各市町村の社会福祉協議会となります。

 

家族や友人から借りる

カードローンや公的機関でお金を借りるには、やはり審査が必ずあります。

それに落ちてしまえば、お金を借りる事はできません。

そんな時は、家族や友人に頼るのも1つの手です・

家族や友人から借りることを検討している方は意外と多いかと思います。

一見手軽に見える方法ですが、トラブルになりやすいので十分な注意が必要です。

身内や親しい仲であっても借用書はきちんと用意しましょう。

相手側からは言い難いことですから、必ず自分から言うようにしてください。

きちんと書面に残しておくことで貸す側も幾分安心してお金を貸せます。

また、ちゃんと利息も払うようにしましょう。

消費者金融のように高金利な設定をする必要はありませんが、少なくとも3%前後はつけたほうが良いです。

最後に返済期日を決めることです。

明確に返済日を決めないと貸した側は、何時返済してくれるのだろうと不安とストレスを抱えてしまいます。

ただでさえお金を借りて迷惑をかけているわけですから、余計な負担を与えないためにも返済期日をしっかりと決めるようにしましょう。