三井住友銀行カードローン

⇒三井住友銀行カードローン

 

三井住友銀行と言えばクレジットカードが有名ですが、カードローンも取り扱いしているのをご存知でしょうか?

今回は三井住友銀行カードローンについて紹介していきたいと思います。
 

三井住友銀行カードローンの特徴や金利は?

カードローンを取扱している銀行は実に様々です。

その中からどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

出来るだけ自分にメリットの大きいカードローンを選びたいと思うところでしょう。

カードローンで最もメリットだと感じやすいのは金利ではないでしょうか?

金利が高ければその分利息負担は多くなります。

そうなると出費が増えてしまいますから、出来るだけ低金利で借りたいと思うところでしょう。

三井住友銀行カードローンは正にそんなメリットを享受できるカードローンです。

 

三井住友銀行カードローンの金利は上限でも年14.5%です。

消費者金融の金利は上限が年18%ですから、これだけで比較してみても如何に三井住友銀行の金利が低いのかがわかります。

カードローンの金利は、初回は上限金利でスタートすることが殆どです。

金利は利用限度額に応じて決まりますし、始めは信用がない状態からのスタートですから高額な借入は出来ません。

となれば初回の金利はどうしても上限金利が適用されることが多いです。

 

消費者金融であれば18%からのスタートですが三井住友銀行カードローンなら上限でも14.5%と低い金利で利用することが出来ますので、利息負担も軽くて済みます。

例えば年18%で10万円借りた場合、30日後の利息支払額は1479円です。

ですが年14.5%なら1191円で済みます。

借入金額が多くなるほど利息の差は大きくなりますから、三井住友銀行カードローンは金利によるメリットが大きいです。

利用限度額は増えれば金利は徐々に下がっていきますので、永く使い続けていくことが出来るカードローンとしても最適なのです。

 

カードローンの申し込みは自分にあった方法でしたい、そういう方は案外多いのではないでしょうか?

消費者金融のカードローンですと多様な申込み方法で非常に便利ですが、銀行カードローンはそうでもなかったりします。

特に申し込みは来店不要でも契約は窓口でないとできないという銀行カードローンは非常に多いです。

 

三井住友銀行カードローンは窓口申込以外に、電話、インターネット、ネットバンキング、郵送、自動契約機と申込み方法が多様です。

加えて、WEB完結なら申込から契約まで来店不要の為、忙しい現代人にとって非常に使いやすく、消費者金融並みに利便性の高いカードローンです。

 

三井住友銀行カードローンの限度額は最高800万円です。

他のカードローンと比較してもかなり利用限度額が高いといえます。

もちろん最大限度額まで借りられることは殆どありませんが、限度額を増やしたいと思った時に柔軟に対応できる点がメリットと言えます。

逆に利用限度額が低いカードローンを利用していて増額したいと思っても対応できなければ新たにカードローンに申し込まなければいけません。

その手間を考えると限度額が高い三井住友銀行カードローンに申し込みしておくのが良いのかもしれません。

 

⇒三井住友銀行カードローン

 

三井住友銀行カードローンの申込の流れや返済方法は?

では、申し込みの流れを見ていきましょう。

ここではインターネットから申し込みした場合を例にあげます。

 

三井住友銀行カードローンの公式ホームページより申し込みフォームへ移動します。

ネット申し込みは必要事項を入力するだけですのでとっても簡単です。

時間にして10分前後で完了しますので手間も時間もかかりません。

三井住友銀行に普通預金口座を持っていなくても申込可能で、特に口座開設する必要はありません。

 

申し込みが受理されると審査が開始されます。

審査に通った場合は、契約手続きを郵送若しくは自動契約機で行うかを選択します。

郵送の場合は書類が自宅に届くのは大体3日前後かかります。

受け取ったカードはその日から利用開始となり、三井住友銀行のATMを始めコンビニATMでも利用が可能です。

 

既に三井住友銀行に口座をお持ちの方はキャッシュカードをそのままローンカードとして使用可能ですので手間がかかりません。

一方、口座を持っていない方ですと、ローンカードは郵送もしくは自動契約機で受取が必要ですので、この点が少し手間かもしれませんね。

 

銀行カードローンは銀行印が必要なイメージがありますが、三井住友銀行カードローンは原則本人確認書類のみで申込可能です。

特に銀行印は用意する必要はありません。

本人確認書類は運転免許証もしくはパスポートで大丈夫です。

 

次に返済方法を見ていきましょう。

三井住友銀行カードローンの返済方法はATM、振込、口座引き落としの3種類です。

 

借り入れをATMで行う方は多いかと思いますが、実は返済もATMで行うことが出来ます。

三井住友銀行を始めコンビニやゆうちょのATMでも返済可能です。

ATMを通じて返済口座に入金することで返済に充てられます。

三井住友銀行は地方には中々ありませんがコンビニなら全国各地にありますので、返済できるATMがないと言ってことで困ることはなさそうですね。

返済時にはローンカードを使用しますが、ゆうちょATMだけは普通預金口座のキャッシュカードに対応していませんので注意しましょう。

返済時の手数料は自社ATMも提携ATMも無料で利用できます。

 

振込返済は三井住友銀行の口座に直接振込ではなく会員自身の口座へ振込を行います。

返済期日になると口座から引き落としされ返済に充てられます。

金融機関の指定はありませんが振込手数料がかかるのがネックです。

振込返済の場合、銀行の営業時間外や休日に利用すると入金反映が翌日以降になるので注意しましょう。

 

口座引き落としによる返済は三井住友銀行に口座を持っている方が利用可能です。

口座がない方は利用できません。

会員自身の返済用口座から約定返済日に自動的に引き落としとなります。

通常の口座引き落としですと支払金額に満たない時は引落しが実行されませんが、三井住友銀行カードローンの場合は返済金額に満たなくても口座に入っている分だけ全額引き落としとなります。

不足分を入金しないと返済が済んでない状態ですので、延滞金がかかる上にカード利用が一時的に停止となりますので気をつけましょう。

 

⇒三井住友銀行カードローン

 

三井住友銀行カードローンの審査基準は?在籍確認はある?

三井住友銀行カードローンの審査で重視されるのは、やはり「収入面」と「信用面」です。

毎月安定した収入がないと、三井住友銀行カードローンで審査通過は難しいです。

また、現在の職場に働き始めたばかりですと、安定収入が見込めないと判断されやすいです。

勤続年数は最低でも1年以上あった方が良いでしょう。

また、働いて収入を得ていることを証明できないと審査には通りませんので、在籍確認クリアは必須です。

申込時に確実に連絡がつく電話番号を入力しておくことも大切です。

 

信用面は個人の信用情報を照会して判断されます。

他社借入状況や返済状況、債務整理の有無など特に返済で問題を起こしていなければ審査通過の可能性はあると見て良いです。

逆に返済を延滞していたり他社借り入れがあまりにも多いと審査には通りません。

 

先程、審査では返済能力を図るために在籍確認があると説明しました。

在籍確認の方法は勤務先に電話をして、申し込み者がその会社に在籍しているかを確認します。

職場に電話をされたからと言って、会社にはカードローン利用を伝えることはありませんので、ご安心ください。

 

銀行カードローンの場合、会社名を名乗ることが多いですが、銀行はカードローン意外にも様々な商品を扱っています。

ですから銀行からの電話=カードローンと結びつける人はそうはいませんので、バレる心配はないです。

電話以外での在籍確認は行っていませんが、特に不安がることはありませんよ。

 

⇒三井住友銀行カードローン

 

三井住友銀行カードローンは土日祝はお金を借りれる?

三井住友銀行カードローンは土日祝日も審査を行っており、なおかつ借り入れも可能です。

先程説明した自動契約機でカードを受け取りさえすれば土日でもATMから現金を引き出すことが出来ます。

但し、土日休みの会社に勤務されている方は在籍確認をクリアできるかが鍵となります。

基本的に電話でしか在籍確認は行いませんが、ダメ元で他の方法で在籍確認できないか相談してみると良いでしょう。

 

⇒三井住友銀行カードローン